製品情報

環境太郎 攪拌式生ゴミ処理機

環境太郎
最大処理量1日50Kg

  • 生ゴミを資源に
  • 風の力と微生物で、生ゴミ処理。

地域内で未利用資源を活用した循環型の社会創りを目指しています。

・家庭、飲食店などでは毎日のように生ゴミが出てきます。生ゴミは80%以上が水分で、この生ゴミを捨てるというのは、栄養がたっぷり入った水を袋に入れて捨てるようなものとも言えます。そして、焼却場では化石燃料を使って焼却されCO2も発生します。
この生ゴミを無駄にせず、肥料(堆肥)に変えればかなりのCO2の削減につながります。そして、全てを土に還す自然のサイクルが出来上がります。

生ゴミを資源に

環境太郎の特徴

ここが違う!製品の特徴

地元の孟宗竹パウダーを使用

・処理機内の基材は、現在里山を侵食している孟宗竹です。特殊な機械を使ってパウダー化したものを使用します。

省エネ

・本体は、断熱材入のステンレス二重構造で、生ごみを投入する毎に、適量の送風と内部の攪拌羽が回転し、生ごみと竹パウダーをまんべんなくかき混ぜます。
家庭用のコンセントで使用できます。(※家庭用100Vのみ)

堆肥として再利用

・100リットルの基材に1日当り最大で10kgの生ごみを投入可能。
1~2ヶ月程で堆肥ができ上がります。発酵が終わった基材はしばらく完熟の後、肥料として再利用できます。

攪拌式生ゴミ処理機



微生物による「発酵~分解」だから不快な臭いもなく、約1ヶ月で良質な堆肥が出来上がります。

生ゴミを堆肥として再利用できるようにする、環境問題・ゴミ問題に取り組む企業で好評の生ゴミ処理機環境太郎。ゴミの処理にお困りの方にもオススメな製品です。

地域内循環

孟宗竹パウダーとは

リグニンが分解された上質な土壌改良剤

孟宗竹を専用の機械でパウダー状に磨り潰します。
高圧力で磨り潰すため、摩擦で高温になりリグニン組織を分解します。
分解された竹パウダーにはミネラル・糖質分が多く含まれており、乳酸菌発酵により土壌の栄養分を増加させ、通気・保水性を高め微生物や土着菌がつきやすく、ほこほことした土に変わる上質な土壌改良材としてご利用できます。

コンポストの基材に

竹パウダーは土の上にマルチ(土壌面に敷いて土壌を保護し改良)することで土壌改良の役目をします。(微生物が活発化する環境ができます)
また、生ごみコンポストの基材として使用すると、孟宗竹に付いている土着菌により発酵が進み、良質なミネラル分豊富な堆肥ができます。
生ごみは毎日投入することができ、コンポスト容器の中では、生ごみの有機分が「発酵・分解」され、数か月程度で「たい肥」になっていきます。

タケカツ孟宗竹パウダー

製品データ

■環境太郎 主要使用
型式 TY-150型
外形寸法(幅×奥行×高さ) 1105×1105×1022 mm
本体重量 230kg
最大処理量

1日/15Kg

電源 単相100V 50/60HZ
定格消費電力 1100W
※上記サイズ以外の最大処理量30Kg,50Kgタイプの注文も承ります。

関連情報

トップ足場の施工実績については実績紹介にてご覧いただけます。

実績紹介はこちら

仮設足場のお悩みはトップ足場におまかせください!

徹底した現場主義から生まれたトップ足場だから、現場に支持され続けています!

スピード見積り
24時間365日お見積り受付中です。ご利用したい製品の情報をフォームにご記入してください。
カタログ請求
トップ足場のカタログをはじめ、お役に立つ資料をご用意させていただきます。お気軽にお申し込みください。

スピード見積り

24時間365日お見積り受付中です。ご利用したい製品の情報をフォームにご記入してください。

  • スピード見積り

カタログ請求

トップ足場のカタログをはじめ、お役に立つ資料をご用意させていただきます。お気軽にお申し込みください。

  • カタログ請求
  • トップ足場の直営レンタル・リース

お取引の流れ

お取引の流れ
トーケンの部材をご利用いただくための流れをご説明します。

よくあるご質問

よくあるご質問
トーケンのことがもっとよく分かる、Q&Aをまとめました。

スタッフ紹介

スタッフ紹介
トーケンで働く人たちのご紹介です。